武田信玄ゆかりの地をめぐる

戦国時代が好きな人にはたまらない武田信玄。山梨県甲府市周辺には数多くの武田家に関する寺社仏閣、
史跡が数多く存在します。私は日帰りですがレンタカーを借りて以下の寺社仏閣を巡りました。
1.武田神社
 武田信玄の館、躑躅が崎館があった場所とされています。神社内は整備をされていて綺麗ながらも趣の
 ある神社です。小さいですが宝物館や当時の面影を残す、堀や壁の後も見どころです。
2.積翠寺
 武田信玄が生まれたとされるお寺です。特に何があるというわけではありませんが、要害山という
 山の中なので景色が良かったです。
3.甲州善光寺
 長野県の善光寺が有名ですが、こちらは武田信玄が川中島の戦いで善光寺が焼失ないように一時的に
 甲府に移したものです。長野の善光寺そっくりで驚きました。お堂の天井に描かれた泣き龍は見る価値
 があります。

カタログギフトで旅行を贈れる

初めての沖縄


初めて沖縄に旅行へ行ったのは9月でした。母と2人で行く、初めての旅行でした。
北海道に住んでいたわたし達からしたら、沖縄の暑さは凄まじく、別の国に来たような感覚になっていました。ただ、お店の中はエアコンが物凄く強く、北海道ではありえないほどの冷風が出ていました。北海道から行ったのに、お店の中で「寒い、寒い」と話しているわたし達を見て、周りの人たちはとても不思議そうな顔をしていました。
沖縄と言えば「美ら海水族館」だと思いますが、そこにももちろん行きました。大きな水槽が大迫力で、とても感動しました。
沖縄の9月はスコールが多く、なぜかわたし達が外に出るときに限って急に雨が降ってくることが多かったです。
北海道とはまた違う、のんびりとした雰囲気はとても落ち着きました。

幸せな日


30歳の誕生日の時に当時付き合っていた彼氏と京都旅行に行きました。すでに11年交際していて、10年同棲している仲でした。いつまで経ってもプロポーズの話が出てこなくて一人で密かに悩んでいた時期でした。二泊三日の計画で出掛けたのですが、普段と様子が違い不思議に思いながら、心の中で別れ話でもするつもりなのかと想像していました。そして、2日目の夜清水寺に訪れた時に話があると切り出されなかなかスムーズに話を進めないからどうしたのかと思ったら、宝石箱から指輪を出してきて、今で待たせてごめん。結婚しよう。〇〇(私の名前)との子どもが欲しいから家族になって欲しいと言われました。私は号泣でした。こんな私にプロポーズしてくれたんだと思い幸せな気持ちになりました。それから5年経ち1児に恵まれ充実した日々を過ごしています。

人が優しいマルタ

学生時代からの友人とマルタ共和国へ7泊5日の旅行に行ってきました。私は英語があまり得意でなく相手が言っている事はなんとなくわかるのですが自分が話す事は簡単なものしか話す事ができません。なので現地の方とコミュニケーションを取る事に少し苦労しました。ですがマルタ共和国は親日の方が多いみたいで皆さん身振り手振り付きで話しかけてくれいろいろ教えてくれたのでとても楽しい旅行になりました。ガイドブックには載っていない現地の方がよく行くお店なども教えてもらいました。海に囲まれた島なので海産物がとても美味しく食べてばかりの旅行になりました。
街並みはイタリアのような雰囲気でとても綺麗で観光バスに乗って島を一周しました。ガイドさんが綺麗にとれる写真スポットを沢山教えてくれ写真が好きな私たちは大満足できました。
言葉が通じなくても沢山の人に親切にされた楽しい旅行でした。

旅行はカタログギフトでプレゼントする時代

迷路のような東京



最近行った旅行といえば、東京に行きました。
友人に案内してもらい、友人の好きなお店などを一緒に回りました。食事もオシャレなお店やインスタ映えする食べ物のお店に連れて言ってくれました。電車や地下鉄も馴染みがないので1人で行動するのは大変でしたが、どうしても行きたい場所があったので1人で行って見ました。駅員さんに道順を聞いたりしながらなんとかたどり着きました。東京は迷路のような場所だなぁと疲れ果てましたが、目的の場所、大好きな芸人さんのライブに行き、たくさん笑って、日頃のストレスなども吹っ飛びました!来た道を往復して友人の待つ、お家に帰る頃には足が豆だらけになってしまっていました。東京の人は毎日たくさん歩くから健康的だと思いました。東京を満喫できた旅行でした。

初めての海外旅行

新婚旅行はグアムでした。夫も私も海外にそれほど興味がないので、二人とも初めての海外旅行でした。初めてで不安なので、治安が良く、日本語が通じるところが良いとおもい、グアムを選びました。
現地に着くと、観光客は日本人ばかりで安心しました。
しかし現地の人は日本語が通じないことがものすごく多かったです。ホテルのフロントの人にも通じませんでした。私の英語の発音も悪いので、英語で筆談しました。
海が綺麗なので海でたくさん遊びました。
一番楽しかったのはパラセーリングです。
凧のように空高く上がり、風に吹かれて気持ち良かったです。
大通りにマクドナルドがありました。日本でいつでも食べられるのについつい入ってしまいました。日本のものと味が少し違うのが面白かったです。

バリと言えば一生忘れられない出来事

当時1歳3か月息子と主人と私の3人でバリへ旅行に行きました。主人の会社が旅費を出してくれた旅行で出発前からとても楽しみにしていました。しかし、1歳の息子を連れての海外はとても心配でした。特に、飛行機での長旅や現地での食事の事などとても不安もありました。実際、バリは「バリ腹」と呼ばれるくらい食あたりになる旅行者が多いと聞いて特に気を付けました。歯磨きの際の口をすすぐ時もミネラルウォーターで、息子に飲み物を与える際も氷を抜いてもらったり、生ものを食べさせないようにしたり、とにかく気を遣っていました。その甲斐もあって、息子は元気にバリを楽しんでいました。しかし、日本に帰る前夜、私が酷い食あたりになってしまいました。その夜はバリでも最高級のレストランで食事予定でしたが、私はお茶一滴も飲めず、酷い吐き気と下痢に苦しみ、悲惨な状況でした。きっと息子の事ばかり気を取られ、精神的にストレスが溜まっていたのと、現地のサラダを食べた際、野菜にあたってしまったのだと思います。

こんなところに泊まってました。

20代のころ 友達と車2台で箱根へ貧乏旅行。行き当たりばったりの車泊旅行を楽しんでました。
日も落ちて辺りも暗くなり 霧も深くなって 5メートル先もよくわからないくらいになったので 車を停められそうな広場を見つけ トイレもあったので その日はそこで泊まることに。
周りは何があるかまったくわからなかったのですが 雨も降り始めたので 2台の車の間に ブルーシートで屋根を作り 夕食を作り 少しのんびり過ごして シートの屋根はそのままに就寝。
雨も上がって外が明るくなり なんだか 賑やかな人の声で目を覚ましました。
起きて 外へ出てみると すぐそこの道路には 赤い鳥居が…。なんとそこは 芦ノ湖のメインの駐車場だったんです。
周りは 観光客の車でいっぱいになっていました。
こんなところで 自炊して 車泊してたのかと。ちょっと恥ずかしいのと おもしろいのと。
その後は 広げっぱなしのシートを片付け 芦ノ湖をのんびり観光。
忘れられない旅行になりました。

新婚旅行グリーン島編

4年前、オーストラリアのグリーン島、ケアンズへ新婚旅行で行きました。その時の思い出を書きたいと思います。
私たちが予約したのはアニバーサリートラベルという新婚旅行専門の旅行会社だったのでホテルやレストランあらゆるところで素敵な思い出を作ることが出来ました。まずはグリーン島でのこと。グリーン島はケアンズから船で1時間ほどの所にある縦360メートル横600メートルほどの小さな島で宿泊施設も島内に1ヵ所で日中はケアンズからの観光客で賑わっているのですが最終の船が島を出発すると宿泊客貸し切りになります。そして夕方のサンセット時になるとホテルの方がビーチでサンセットドリンクを用意してくれ、沈む夕日を眺めなからゆっくりとシャンパンをいただくことが出来ました。それがまたとても素敵な時間なのです。私たちはもちろん他の宿泊客の方たちもみんなうっとり。そしてそんな素敵なサンセットドリンクをいただいた後は今度は素敵なレストランで美味しいディナーをいただき眠りに就いたのですが、翌朝のモーニングが新婚旅行特典ということでとてもまた素敵なのです。
朝起きてレストランへ向かうと普通はビュッフェ形式のレストラン内で朝食をいただくのですが私たちのような新婚旅行カップルにはホテルが用意してくれたピクニックBOX。サラダ、たくさんのチーズ、フルーツ、パン、サーモン、ドライフルーツ、ヨーグルト、ジュース、シャンパンなど食べきれないくらいたくさんのものが入っていて島内ならビーチで食べるもよし、部屋で食べるもよし、木陰で食べるもよし、好きなところで食べられるのです。私たちはビーチでいただきました。まだ観光客の船も来る前で他の宿泊客もレストランにいて、青い空もキラキラした海も白い砂浜も私たち二人に貸し切りなのです。本当に贅沢な時間を過ごすことが出来ました。